工房・ギャラリー  森のあかり Morino Akari   since 1991


森のあかりTOPページ
English


森のあかり プロフィール
Profile



1991年 工房とギャラリー「森のあかり」を八ヶ岳南麓、大泉村に開く。
大泉村に土地を求めたのは、1982年。その頃はまだ何もなく、静かな静かな森でした。

工房もギャラリーも自分たちで建てた。 なんの知識もなく、あったのはやる気と好奇心。
家造りは、根気との勝負で大変でした。でも、大感激と満足。
人間その気になればなんでもできるなぁ〜と、妙に納得。
それも、もう遠い昔の話になった・・・というほどこの八ヶ岳は変わりました。

しかし、変わらないのは、すばらしい南麓の景観と森の営み。経済効率だけで林業や農業を考えてはあかん!と思う。 そんな森の恩恵をいただきながら、「森のあかり」はあります。

さて、本題のあかりについて。
ヨーロッパやアメリカで使われているあかりは、素敵なインテリアです。でも日本のあかりは明るさ優先で機能本位なものばかり。私達は日本のあかりの原点である和紙を使って、柔らかいあかりを作ろうと、製作を始めました。
素材は、一枚一枚あかりのデザインに合わせて漉いた手漉き和紙です。あかりのデザインから、フレーム作り、台の製作・電気、和紙と、すべてを手作りで一貫製作しています。 また、和紙の新たな可能性を探りながら、テーブルランナー、スクリーン・タペストリーなどインテリア品も製作しています。
八ヶ岳南麓の自然いっぱい「森のあかり」に是非お越しください。

桑田 愛子  岡山県倉敷生まれ

海外生活で暮らしのなかのあかりの重要性を痛感。そこで、光りをやわらかく温かくする和紙で、あかり作りを始める。

田舎生活は人間サイズなので、落ち着く。でも、自然と共に暮らす田舎生活は、季節に追われて忙しい。
自然のサイクルを感じ、自然の恵みを活かしながらの暮らしが豊かさではないかと思っている。

自然の草木の豊かさに触れ、八ヶ岳の在来種の樹木や野草を活かした自然の庭造りを実践。
86年頃から、完全無農薬、有機の家庭菜園。健康の源は、野菜にありそう。家も手作り

八ヶ岳南麓の景観を世界遺産にと「NPO法人八ヶ岳南麓景観を考える会」を始める。

◆<森のあかりTOPページ> Copyright (c) 2008 森のあかり