木が好きで、太い梁がある古民家に憧れていたのですが、願いかない、備前市の古民家に住むことになりました。

morinoakari工房「森のあかり」の隣に、築90年の母屋があります。
古民家の落ち着き、木造建築の温かさ、和紙の魅力を共有したく、古民家宿を併設しています(写真右は工房、左が宿)。

詳しくはこちらをご覧ください(HP制作中)。

ここは、古民家の家並み・のんびりした農村風景が広がる備前の里の様なところです。すぐ近くには大きな川や森林公園があり、田舎らしい、ゆったりした時間が流れています。

近くには、国宝の閑谷学校(しずたにがっこう)があります。また備前市は備前焼きの本場、工房やギャラリーも多数あります。姫路、倉敷も電車で1時間。